プロレス技辞典とかあんま関係無いブログ

観戦記とか技コラムとか雑記とか。たぶん。
プロレス技辞典とかはこちら↓
http://waza.fc2web.com/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ハーフネルソンスープレックス
技コラムなんてカテゴリ作っておいて、
なんも無いのもさみしいので適当に書いてみる。

で、小橋建太のハーフネルソンスープレックス

この技は、現在の小橋において非常に重宝しているように見える。
というのは、大会場に限らず、地方の会場でも出すことが多いからだ。

「神格化された技」とまでは大袈裟だが、
この技は異常なまでに会場を盛り上げることができる。
客の沸き方がハンパじゃないときがある。

小橋建太のフィニッシュホールドは?
と聞かれたら、多くの人がバーニングハンマーを上げるだろう。
が、これは大会場のみのフィニッシュである。
他の選手を例に上げると…
三沢=エメラルドフロウジョン 秋山=リストクラッチエクスプロイダー
など。

なぜこんなにも客が沸くのか…と考えると、
フィニッシュに成り得る技であるのに、
フィニッシュに使わないところか。
三沢のタイガードライバーや秋山のエクスプロイダーなど、
通常フィニッシュとして使われている技よりも、
インパクトが大きいからであろうか。

あとは攻守逆転の要素。
秋山のエクスプロイダーにも言えることだが、
ラリアット等のカウンターとして繰り出すことによって、
一気に攻勢に転じることができるのも一因。

見栄えもするし威力も大きい。
しかし相手を選んでいるようではある。
(私があまり見ていないのかもしれないが)
無論、小橋自身の角度の調節もだが、
受ける側にも技術が必要。

受ける側といえば、秋山準。
彼の受けは一級品。
観戦記にも書いたが、秋山がこの技の価値を高めたと思う。
何をやらしてもそつが無いが、
この技の受けはその部分を非常にわかりやすく見て取ることができる。

で、具体的にどの動きがイイと言うのはなかなか表現しづらい。
これは小橋のセル全般にも言えることなのだが…。
(小橋のセルに関してはまた機会があったら書きたいです)
無理やり上げるとすると…
・ハーフネルソンに捕らえられた際、大きく腕を振り上げる
・一旦沈み込む動作の自然さ
・叩きつけられた後のうつむき加減
・頭を押さえる動作

こんな秋山とこんな小橋が対戦したら、
そりゃ間違いなく噛み合いますわな。
最高の受けと最高の攻めができる小橋、
最高の攻めと最高の受けができる秋山、
ま、どっちも最高ってコトで無理やり結論付けます。

…ハーフネルソンのシメとしてはグダグダですね。
12:15 | 技コラム | comments(1) | trackbacks(0)